接吻のち、孕ませ。 宮沢ゆかり



下卑た濁汁を滴らす…子壺が溢れるほどに…。【接吻】桜色の初心な唇に、助平親父が舌をねじ込み蹂躙する。無骨な指が無毛の恥丘へ達すると次第に膣口へ花蜜を滴らせ始める。【性交】野太い魔羅で無垢な膣肉を貫通されて男汁で汚される。肉棒を怒張させて充血した陰核を犯す。【錯乱】村の勤勉学徒に生唾溢れる口吸を繰り返されると、清新な乳頭を隆起させて反応。男根を潤んだ女性器へ挿入して、幾度と無く精液を注がれる。






TOP頁